町田・相模原で過払いや債務整理の相談をするなら町田総合法律事務所

町田総合法律事務所へようこそ。私たちは、地域に住まいの方、地元の中小企業の方が気軽に相談できる事務所作りを目指しています。

未成年者の相続放棄

利益相反に注意

未成年者が相続放棄する場合は、その親権者が法定代理人として相続放棄の手続きを行います。

ところが、夫が死亡して、その妻が遺産を相続するが、子が相続放棄する場合は、妻は子が相続放棄することで自分の相続する財産が増えるので、妻と子は「利益相反」します。このような場合、妻は子を代理して相続放棄の手続を行うことはできません。

なお、妻と子が同時に相続放棄をする場合は、利益相反しないので妻が親権者として子の相続放棄の手続を進めることができます。

特別代理人

妻と子が利益相反する場合は、子のために「特別代理人」を選任することを家庭裁判所に請求しなければなりません。特別代理人は、未成年者の伯父、伯母など直接未成年者と利害関係のない人がなります。

高齢の親の借金について相談したい
親の借金を、今のうちに債務整理できないか。ご存命のご両親の借金を心配するお子さんからの相談も増えています。お子さんからの相談も承ります。

Copyright c 2009 Machida-Law-Office All rights reserved.