町田・相模原で過払いや債務整理の相談をするなら町田総合法律事務所

債務整理・借金問題に強い法律事務所 相談無料・初期費用無料です。まずはお電話ください。

アイフルに関して

アイフルに対する過払い金返還請求

企業情報

アイフル株式会社は、消費者金融大手6社の一つであり、かつてチワワのテレビCM等で人気を博していましたが、強引な取り立てが社会問題になり、平成18年には財務省近畿財務局長がアイフルに対して業務停止命令を出しています。
過払い金返還請求が急増した、平成21年には、事業再生ADRによる私的整理を行い経営再建を図っています。他の大手消費者金融がメガバンクの傘下に入る中で、倒産した武富士とともに唯一の独立系の大手消費者金融です。
平成23年には子会社であった商工ローンのシティズ、クレジットカードのライフを吸収合併しています。

取引履歴の開示

 受任通知から取引開示までかかる時間は約3~4週間です。取引履歴は、かなり昔の取引であっても開示して来ます。

過払い金返還の状況

訴訟前の任意交渉の場合、経営悪化を理由に過払い金元金の5~8割を約2~6カ月後の返還を主張してきます。
訴訟提起すると満額の回収も可能ですが、必ずと言っていいほど控訴してきますので、返還までの期間は長い場合が多いです。
大手消費者金融の中では、一番過払い金を回収しにくい会社です。
回収までの期間を選ぶか、金額を選ぶかで訴訟をするかどうか決めていきます。

過払い金返還訴訟(裁判)の状況

アイフルに対しては、大手消費者金融の中では最も過払い金の返還訴訟(不当利得返還請求事件)を提起する件数が多い状況です。
アイフル相手の過払い金返還訴訟(裁判)は、6カ月から1年ほどかかり比較的時間が掛かります。

アイフルに対する任意整理

弁護士介入により、返済・督促は止まります。
利息制限法に引き直し計算で借金を減額して、残額を原則3年間以内の分割返済に応じてもらっていますが、場合によっては遅延損害金や将来利息を付加することを要求されることもあります。金額によっては60回払いにも対応してくれます。

アイフルに関するコラム

消費者金融の傾向と対策に戻る

  • 過払い・債務整理の無料法律相談を実施しています。
  • メールでお問い合わせ
  • アクセスマップ

Copyright c 2009 Machida-Law-Office All rights reserved.