町田・相模原で過払いや債務整理の相談をするなら町田総合法律事務所

町田総合法律事務所へようこそ。私たちは、地域に住まいの方、地元の中小企業の方が気軽に相談できる事務所作りを目指しています。

住宅ローンの返済条件の変更(リスケジュール)

住宅ローンの返済条件を変更することを、リスケジュール(リスケ)といいます。次のように返済条件を変更します。

〇30年の返済期間でローンを組んでいたものを、35年に延長する(返済期間の延長)

○一定期間(例えば6カ月や1年間)のあいだ、元金の返済を据え置いて利息の支払いだけにしてもらう(元金の返済猶予)

返済期間の延長

一般的に完済時の年齢が75歳、返済期間35年を超えない範囲で返済期間を延長し、毎月の返済額を少なくします。

元金の返済猶予

一定期間のあいだ、元金の返済を据え置いて利息の支配だけにしてもらいます。もっとも、その期間は半年から1年間ほどで、利息の返済すらなくして毎月の返済額を0円にすることは通常できません。

返済総額はむしろ増えることに注意

リスケジュールは、一時的に返済額を減らし、その分の返済を将来行うのですから、問題の先送りに過ぎません。むしろ返済期間が延びた分だけ、支払う利息の総額は大きくなります。

また、既に滞納がある程度進んでいると返済条件の変更に応じてもらえませんので、住宅ローンを滞納する前に銀行に相談することが重要です。

なお、新型コロナウイルスが流行してからは金融庁の要請もあり、住宅金融支援機構を始め各銀行は住宅ローンの条件変更(リスケ)にかなり柔軟に対応しています。

令和2年9月11日

  • 過払い・債務整理の無料法律相談を実施しています。
  • メールでお問い合わせ
  • アクセスマップ

Copyright © 2009 Machida-Law-Office All rights reserved.