町田・相模原で過払いや債務整理の相談をするなら町田総合法律事務所

町田総合法律事務所へようこそ。私たちは、地域に住まいの方、地元の中小企業の方が気軽に相談できる事務所作りを目指しています。

町田を歩く~鶴川・旧白洲次郎・正子邸「武相荘」~

町田・相模原を中心に地域密着の活動を行っていますが、実は町田のことをよく知らなかったことに気づきました。そこで今回は町田をよく知るために、町田市観光コンベンション協会が発行している町田観光ガイドブック~歴史・自然・文化財をめぐる16コース~を参考に、鶴川駅周辺を歩いてみました(第4コース)。

武相荘

鶴川駅前の美術館「香山園」(かごやまえん)に立ち寄った後に、鶴川街道を通って、旧白洲次郎・正子邸の「武相荘」(ぶあいそう)に着きました。このあたりは閑静な住宅地で、神奈川県川崎市との県境でもあります。駅前には、スーパー等の商業施設も充実しており、住みやすそうな場所です。

白洲次郎が、郊外の農村に移り住んでいたという話は聞いたことがありましたが、それが町田市内にあったとは驚きです。白洲次郎は、戦後、吉田茂の側近としてGHQとの折衝にあたり、日本国憲法の成立にも深く関わった人物です。昭和18年(1943年)に、鶴川のこの古い農家に引越し、武蔵と相模の国の境にあることから、そこを「武相荘」と名付けました。かつて農村地帯であった鶴川周辺も、今では、住宅地として小奇麗な戸建住宅が並んでいます。茅葺屋根の昔ながらの農家の武相荘は、終戦頃の町田の姿をしのばせてくれます。

平成25年5月7日

  • 過払い・債務整理の無料法律相談を実施しています。
  • メールでお問い合わせ
  • アクセスマップ

Copyright c 2009 Machida-Law-Office All rights reserved.