町田・相模原で過払いや債務整理の相談をするなら町田総合法律事務所

町田総合法律事務所へようこそ。私たちは、地域に住まいの方、地元の中小企業の方が気軽に相談できる事務所作りを目指しています。

解決事例 自己破産

定年後に住宅ローンが払えずに自己破産した事例

田中さん(仮名)
男性(68歳) 年金受給 川崎市在住

債務の状況
項  目 内  容
負債総額 約2300万円
債権者数 4社
月収 17万円
資産 マンション
借金の原因 住宅ローン

 田中さんは、68歳の年金受給者です。
20年前に住宅ローンを組んでマンションを購入しました。60歳の定年退職時に退職金を使い住宅ローンの返済を行いましたが完済できずに、アルバイトや年金で返済を続けていたものの、ついに返済できずにマンションは競売になりました。

ポイント

マンションは競売にかけられ、手放すことになりましたが、免責不許可事由は特になく、免責がおりました。
もっと早い段階で相談していただければマンションを任意売却して、引越費用等をもらった上で引越しできたかもしれませんが、今回は競売手続がかなり進行していたので任意売却は困難でした。
自己破産することが決まったとしても、いますぐに住宅を出なければいけないというわけでもありません。一度ご相談下さい。

自己破産解決事例の目次に戻る

  • 過払い・債務整理の無料法律相談を実施しています。
  • メールでお問い合わせ
  • アクセスマップ

Copyright c 2009 Machida-Law-Office All rights reserved.