町田・相模原で過払いや債務整理の相談をするなら町田総合法律事務所

自己破産で借金からの解放 相談無料・初期費用無料です。まずはお電話ください。

「競売手続きの流れ ~担保不動産競売開始決定が届いたら~」

競売手続きの流れは次の通りです。


①担保不動産競売開始決定

競売開始決定の通知が裁判所から届きます。自宅が競売にかけられたことを意味します。


②現況調査

裁判所から執行官がきて、物件内部の使用状況を見たり、聞き取り、写真撮影等の調査を行います。この調査は、拒絶できません。


③期間入札の通知

裁判所から「期間入札の通知」が届き、入札の期間や売却基準価格が知らされます。


④期間入札の公示

物件明細書、現況調査報告書、評価書のいわゆる3点セットが裁判所の記録閲覧場所に備え付けられ、インターネットでも3点セットが公開されます。物件明細書は裁判所の書記官が作成し、現況調査報告書は執行官が作成し、評価書は不動産鑑定士が作成します。


⑤入札期間及び開札期日

希望者が定められた期間に入札を行い、期日に開札します。

入札でもっとも高い価格をつけた人が最高価格買受申出人となります。

開札の前日までであれば、競売を取り下げてもらい任意売却することができますが、この時点で任意売却に応じる債権者はまずいません。


⑥売却許可決定

最高価格買受申出人に対し裁判所は売却許可を決定します。その後代金を納付して物件の所有権が移転します。


⑦物件の引き渡し

新所有者である落札者が占有者に立ち退きを要求します。

  • 過払い・債務整理の無料法律相談を実施しています。
  • メールでお問い合わせ
  • アクセスマップ

Copyright c 2009 Machida-Law-Office All rights reserved.