町田・相模原で過払いや債務整理の相談をするなら町田総合法律事務所

自己破産で借金からの解放 相談無料・初期費用無料です。まずはお電話ください。

「住宅ローンを滞納するとどうなるの(期限の利益喪失と代位弁済)?」

住宅ローンを滞納した場合は次の流れで手続きが進みます。


①金融機関から催告書、督促状等の送付

住宅ローンの滞納が始まると銀行または銀行から委託を受けた債権回収会社等から、
「催告書」、「督促状」、「期限の利益喪失予告」等の書類が送付されます。

この段階では滞納分を返済すれば正常な返済に戻ります。


②期限の利益喪失と代位弁済

住宅ローンの滞納が3~6ヶ月程になると、銀行から期限の利益喪失と記載された通知が、保証会社から代位弁済を行ったと記載された通知(保証債務履行通知)が送付されます。

代位弁済とは、住宅ローンの保証会社が債務者に代わってローンを支払い、代わりに銀行が持っていた債権を取得することです。

保証会社は、代位弁済をした後は残債務を一括請求します。分割で支払いたいと言っても応じてもらえません。


③不動産競売

保証会社は競売を申立てますので、不動産競売手続きに入ります。なお、任意売却により物件を高値で売却することも可能です。

  • 過払い・債務整理の無料法律相談を実施しています。
  • メールでお問い合わせ
  • アクセスマップ

Copyright c 2009 Machida-Law-Office All rights reserved.