町田・相模原で過払いや債務整理の相談をするなら町田総合法律事務所

自己破産で借金からの解放 相談無料・初期費用無料です。まずはお電話ください。

「自己破産における退職金について」

今お勤めの勤務先が、退職金が出る会社であるならば、 仮に今、自己都合で退職したら、いくら退職金が出るのかを計算してもらう必要があります。


その退職金の8分の1の額が今の資産とみなされます。8分の1の額が20万円以上の場合は、現在資産が20万円以上あるということになり、少額管財事件になります。 その場合は積み立てをして、8分の1の額を破産管財人に渡し、債権者に配当しなければなりません。


つまり、現在退職金をもらうとして、その額が160万円以上の方は、20万円以上お金を積み立てなくてはならないということです。


車も家も、何も資産がないという方でも、退職金が資産になることがありますので注意が必要です。退職金の額の算出は、会社の総務(経理)に退職金見込証明書を出してもらうとできますが、会社に知られたくない、お願いしづらいという不安がある方は、就業規則の退職金規定の欄を見てご自分で計算することも可能です。


そして、あくまでこれは仮の退職金の計算ですので、実際に退職していただく必要はありません。

  • 過払い・債務整理の無料法律相談を実施しています。
  • メールでお問い合わせ
  • アクセスマップ

Copyright c 2009 Machida-Law-Office All rights reserved.