町田・相模原で過払いや債務整理の相談をするなら町田総合法律事務所

自己破産で借金からの解放 相談無料・初期費用無料です。まずはお電話ください。

「破産管財人は何をするのですか?」

破産管財人は、裁判所が管財人名簿に登録した弁護士の中から選任します。

その業務は、簡単にいうと破産者の財産を管理・換価して、債権者から届出される債権を調査確定するとともに、債権者に配当を行うこと、また、破産者が個人の場合は免責を与えるべきかを調査し裁判所に意見を述べることです。自分で依頼する弁護士(申立代理人)とは、別の弁護士がなります。

自己破産の申立をすると、まず破産管財人との打合せを破産管財人の事務所で行います。

このとき破産管財人は、破産者の資産内容や借入の経緯等について、破産者やその代理人から聞き取りを行います。また、破産管財人に破産者の郵便物が転送され、破産管財人はこれらを開封して隠された財産がないか等をチェックします。

裁判所で行う債権者集会では破産管財人が、出席した債権者に破産の経緯や財産内容の報告を行います。破産者の資産が乏しく債権者に配当できる財産(破産財団)が形成できない場合は、破産手続きはこれで終了です(異時廃止)。ある程度の財産を形成した場合は、破産管財人は債権者に配当をおこないます。

  • 過払い・債務整理の無料法律相談を実施しています。
  • メールでお問い合わせ
  • アクセスマップ

Copyright c 2009 Machida-Law-Office All rights reserved.