町田・相模原で過払いや債務整理の相談をするなら町田総合法律事務所

自己破産で借金からの解放 相談無料・初期費用無料です。まずはお電話ください。

「ギャンブルで作った借金でも免責されますか?」

破産の申し立てをしても、常に借金が免責されるわけではありません。「免責不許可事由」として免責を与えない事由があらかじめいくつか決まっています。もっと、これらの事由に該当する場合でも、その程度や事情によって特別に免責を許可することもあります。これを「裁量免責」といいます。

主な免責不許可事由

主な免責不許可事由は次のとおりです。

  1. 債権者を害する目的で行う財産の隠匿、損壊、不利益な処分、その他財産の価値を不当に減少させる行為で、財産を隠したり、他人に贈与したりするような場合です。
  2. 破産手続の開始を遅延させる目的で、著しく不利益な条件で債務を負担し、または信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分する行為で、典型的には、クレジットカードで商品を購入して、すぐ質屋で転売するいわゆる換金行為といわれるものです。
  3. 特定の債権者に対する債務について、当該債権者に特別の利益を与える目的等で、担保の提供又は債務の消滅に関する行為であって、債務者の義務に属せず、又はその方法若しくは時期が債務者の義務に属しないことです。つまり特定の債権者にだけ返済する場合です(偏頗弁済)。
  4. 浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したことです。例としては、浪費やパチンコ・競馬等のギャンブルで多額の借金を作った場合です。
  5. 破産手続開始の原因となる事実があることを知りながら、当該事実がないと信じさせるため、詐術を用いて信用取引により財産を取得したことです。すでに支払ができない状態であるにもかかわらず、虚偽の申告をしてさらに借金を重ねる場合です。
  6. 虚偽の債権者名簿を提出したこと、全ての債権者を申告しなかった場合です。
  7. 裁判所が行う調査において、説明を拒み、又は虚偽の説明をしたこと、裁判所に対してうその説明をする場合です。

ギャンブルで作った借金は免責不許可事由に当たります。

ただ、過去に一度でもパチンコや競馬をしたからといって直ちに免責不許可になるわけではありません。その頻度や金額、負債総額に占める割合、債務者の収入・資産状況等に照らして常識的な範囲を超えているかという点から検討することになります。

  • 過払い・債務整理の無料法律相談を実施しています。
  • メールでお問い合わせ
  • アクセスマップ

Copyright c 2009 Machida-Law-Office All rights reserved.