町田・相模原で過払いや債務整理の相談をするなら町田総合法律事務所

町田総合法律事務所へようこそ。私たちは、地域に住まいの方、地元の中小企業の方が気軽に相談できる事務所作りを目指しています。

「逮捕されたらどうなるの?」

被疑者を逮捕したら警察は、被疑者を取り調べて供述調書を作った上で、48時間以内に検察庁に連れて行きます(送検)。検察官は簡単な取り調べをして被疑者の言い分をまとめた弁解録取書という調書を作ります。そして、検察官は、勾留の必要がある場合には検察庁に事件が送られてから24時間以内に裁判所に勾留請求をします。


勾留請求があると、裁判所に連れて行かれ裁判官が「勾留質問」で言い分を簡単に聞き、勾留するかどうか判断します。勾留の必要ありと判断すると裁判官は10日間の勾留を認める勾留状を発布します(勾留決定)。10日間の勾留で捜査が終わらない場合は、さらに10日間勾留が延長されることになります。


一般的には、逮捕されて2日目に検察庁に行き、3日目に裁判所に行き、その後多くの場合は20日間勾留されます。勾留が延長されずに10日間だけで終わることはまれです。つまり、逮捕されてから23日は間身柄拘束されることになりますが、10日間の勾留期間は勾留請求の日を含めて数えるので、実際は22日間のことが多く、また、勾留満期を待たずに処分を決めることもあるので22日間より短い場合もあり得ます。勾留期間内に検察官は、裁判所に「起訴」するか「不起訴」とするかを決めることになります。

  • 過払い・債務整理の無料法律相談を実施しています。
  • メールでお問い合わせ
  • アクセスマップ

Copyright c 2009 Machida-Law-Office All rights reserved.