町田・相模原で過払いや債務整理の相談をするなら町田総合法律事務所

町田総合法律事務所へようこそ。私たちは、地域に住まいの方、地元の中小企業の方が気軽に相談できる事務所作りを目指しています。

「突然、訴状(及び口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告書)が届いた?」

訴状があなた宛に届いたということは、被告として訴えられたということです。

裁判所からの封筒の中に、次の書類が通常入っています。

  1. 訴状
  2. 証拠(右上に甲1号証等と書いてある書類)
  3. 口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告書

まず、訴状に目を通して何に関する訴えなのか確認してください。次に口頭弁論期日呼出状に記載されている第1回口頭弁論期日の日時を確認してください。通常は1ヶ月ほど先の期日が指定されています。


この第1回口頭弁論期日までにやらなければいけないことは、答弁書の提出です。答弁書も出さずに、裁判期日に欠席すると、訴状の内容を認めたものとみなされて原告の請求をそのまま認める判決がでます。


訴状が届いたら弁護士に相談してみてください。訴状が届いても無視してしまう人が意外と多いのですが、判決が出たあとでは弁護士でも争うのは困難です。

  • 過払い・債務整理の無料法律相談を実施しています。
  • メールでお問い合わせ
  • アクセスマップ

Copyright c 2009 Machida-Law-Office All rights reserved.